ワーホリ体験記inオーストラリア2019/2020

30歳ギリホリ女子が送る、いろんな面でギリギリ生活。

Bundabergでのファームジョブ(1月〜3月):歩合制レモンピッキングは稼ごうにも超絶非効率だった話

 

こんにちは! sappiiです。前回投稿からかなり経ってしまいました。。。

 

〜前回までのおはなし〜

2018年12月にオーストラリア入り → → → セカンドビザ取得を目指して2019年1月1日元旦に、ブリスベンから電車で4時間半の片田舎バンダバーグ(= Bundaberg)にやって来た私。

翌日からライチファームトマトパッキングを経て2週目からスタートしたレモンピッキングについてご紹介します。

オーストラリアでのファームジョブin Bundaberg(バンダバーグ)の経験・第3弾

いってみよ〜!

 

  

  

給与体系:歩合制

今回初めての歩合制=piece rateでした!

歩合制とは自分のとった分だけお金になる、最低賃金などが保証されていない働き方です。

本来ならば、とても効率的に働く人にとっては、他の人と同じ時給で働くのは損で、自分のやったぶんだけお金をもらえる歩合制の方が稼げる、という考え方に基づく制度です。

私は昔からわりと何でもすぐに習得してきたタイプなので、先駆者たちのブログを読みながら、「オススメしない」よりも「ばりばり稼げた」話に僅かな希望を抱いていました。

ただ、結論、この制度は何年も経験のある強者だけが勝者になれます

初心者であるバックパッカー達はいつまでたってもこの制度の弱者であり、オーストラリア各地で悪徳ファームと呼ばれる多くのファームがおそらくこの制度を採用しています。

 

レート

歩合制の場合必ずpiece rate agreementと呼ばれる契約書にサインをします(オンライン上で行われることも)。この歩合制の賃金がどのように計算され支払われるかを示した書類です。

これは自身のために必ず写メを撮っておきましょう。賃金が不当に支払われたりした時の証拠用に、また、セカンドビザ申請時に必要になる場合もあります。 

こちらのレモンファームではこのようなレートでした。

$180/bin(1月上旬)

$170/bin(1月中旬)

$160/bin(1月下旬以降)

*4月頃また上がった模様。金額が下がっているのはシーズンがピークに入りたくさん取れるようになったからだそう。同じタイミングで、私たちのホステルのレントが$205→$215に上がったのはひっどーてなりました。

 

雇用形態

このトマトの親会社のホームページhttps://willingworkers.com.au/flexible-award-agreement/によると、この会社はCasualではなくPart-timeとしての雇用になるようです。

"You will be employed on a part-time basis pursuant to and agree to the terms of the Willing Workers Enterprise Agreement 2012 (AG2012/11754) (“Enterprise Agreement”) and this employment agreement."

"あなたは、Willing Workers Enterprise Agreement 2012(AG2012 / 11754)(以下「Enterprise Agreement」)およびこの雇用契約の条項に従って、パートタイムで雇用されます。"

 

労働時間と休憩時間

午前10時すぎ〜午後6時までの約8時間弱

ピースレートなので、休憩は好きな時に好きなだけ自由に取ります。もちろん取りすぎると労働時間が減るため収穫量にも影響してきます。つまりは自分次第。

 

▼非効率①

*ミーティングまでの時間。

朝は8:20-45のあいだにホステルを出発、通勤時間はバンに揺られて約40分です。遅くても9時半には着きますが、勤務表にサインをしたあと10時過ぎの全体ミーティング(15秒〜たまに2分くらい)までの間は木の下で待機

このミーティング、全員集合して話を聞かなければなりませんが、本当になくてもいいようなミーティングです。

集合して

「おはよう。前回いなかった人はここに残って。

前回働いた人は続きの場所に戻って。

小さいレモンは取らないで。」

以上。

たったそれだけ。

たまに新しい注意事項やクビの宣告*もありますが、それは ホステル経由で伝えてもいいし(むしろその方がちゃんと伝わる)、着いてすぐに作業に取り掛かった方が1日にたくさんピッキングができます。

クビの宣告というのは、指示に従わず小さいレモンを摂りすぎたり、レモンを雑に扱ってレモンの傷みが激しかったりすると、それが理由でクビになります前日の夜にリストに名前は載せるのに、朝のミーティングの時になって初めてそれを伝えるのは、明らかに見せしめでした。

 

バックパッカーの数は、私たちのホステルから50人〜ピーク時100人近く。他のホステルからも合わせて、最大で200人とも300人とも言われていました(正確な人数不明)。ローカルと呼ばれる凄腕の(私たちの5倍〜10倍稼ぐ)韓国人のおじちゃんたちやオージーの人も数人いました。

 

シーズン

11〜4月末頃まで。 

レモンは10月頃から募集がかかっていたそうですが、年内は収穫する実が少なくあまり稼げないので、仕方なく別のワーキングホステルに移ったという友達もいました。その子は背の低い女の子でしたがピッキングが得意で、シーズンになるとレモンのためにこのホステルに戻ってきて、私たちの2倍は稼いでいました。 

レモンは木になっているので、通常は背が低いと手の届く範囲が限られて、そのぶんたくさんはしごを動かさなければならず不利になります。ピーク時でもこれが理由でホステルを移っていった子たちがいましたが、こういった情報は募集要項には一切書かれていません。ホステルは基本的に人を集めるだけ集めてレントを稼ぎたいだけ

天候については後述しますが、レモンは雨の日はピッキングできません。雨の日は仕事がお休みになります。

 

期待される1週間の手取り 

「それで1日だいたいどのくらい稼げるの?」

皆さんが一番知りたいのはそこですよね。

こちらのファームは基本的に二人体制でした(カップル可能。慣れたら一人でも可能)。初日はトレーニングの後約6時間働き、私はもう一人の日本人の女の子と二人で1bin作りました。

1binというのはこのくらいの大きさです。(正確な容量が分からなくてすみません)

↓ 深さはこんな感じ。

どれくらい稼げるかなんですが、本当に時期や天候によりますし、個人の技量にもよります。

私たちの場合は、最大時間働いて、一日2人で1〜1.5bin

ちなみに私達はすごく良いわけでも悪いわけでもない平均的なピッカーだったと思います。おしなべて、男の子は女の子よりもよく稼ぐ傾向があり、私たちの2倍から2.5倍稼ぐ人もいました。たまに見かけるワイルドな女の子で私たちの1.5倍から2倍稼いでいましたが、ほとんどの女子は私たちより少ないかほぼ同じくらいでした。

 

実際の稼ぎ:1月

1月中旬スタートで私が働いたのは11日/18日間。7日間が天候やファームの休みによる休みでした。これは聞いていた話よりもはるかに多いです。

自分ではがんがん稼ぐつもりでしたが、結果は

11日間(約半月)で手取り$903. 

一日平均$82稼いだが、給与は平均約$350/週.

▼非効率②

*仕事か休みかの伝達方法。

ファームの休みというのは、この範囲のピッキングを終えたら1〜2日お休みという、決められた休みのことです。これも、前日の仕事終了時間にわかっていることでも、夜ホステルでリストを確認するまで知らされなかったり、ファームで直接ボスに聞いて休みと言われても、結局リストでは働く予定になっていたり。またその逆も。2日連続で休みが決まっていても1日ずつしか知らされないので、ファームの休みに合わせて小旅行に出かけたくても、全く計画が立てられません。

 

実際の稼ぎ:2月

2月のうち働いたのは20日間。自ら休みを申請した一日を除いて、全ての日が雨とファームの休みによる休みでした。結果は、

20日間働いて手取り$1,474. 

一日平均$73稼いだが、給与は平均約$370/週.

 

実際の稼ぎ:3月

そして3月。サイクロンの影響で、天気予報が一週間ずっと雨でした。予報はあてにならないことが多かったですが、この時ばかりは全て雨で、それでもホステルのレント代は安くなりません。これが原因で私を含む数人がワーキングホステルを移ることになったのでした。

3月前半で私が働いたのはわずか2日そのうち1日はたったの3時間。

2日間働いて手取り$97. 

一日平均(=週)$50弱、、、 

 

▼非効率③

*運次第の天気。

レモンはすぐに傷んでしまうため、先述した通り、雨が降るとピッキングを止めなくてはいけません。朝から雨の日はキャンセルになり、その日1日仕事がなくなります。休みは嬉しいですが、田舎なので特にすることもなく、雨だと海にもプールにも行けず、ただただ時間を持て余すだけ。これが2日も3日も続くと、本当にやることがありません。また、ホステル近辺の天気は晴れでも、車で40分先のファームでは雨が降っているということも多々ありました。

途中から雨が降ってきた場合も、すぐにピッキングを止めてレモンが濡れないようにbinにカバーをします。雨をしのぐ小屋も近くにないので、木の根元に腰をかけてひたすら雨が止むのを待ちます。少量の雨であれば、ピッキング再開の指示が出やすいのですが、激しい雨が降ればそれ以降ピッキングできなくなるので、小屋に集合し、バスが来るのを待ってホステルに帰ります。天気予報があまり当たらないので、雨が降りそうでもとりあえずファームに全員呼び出され、2時間ピッキングをして帰るというパターンや、最悪の場合せっかく行ったのにすぐに雨が降り始め、帰らされるという無駄足も何度かありました。

▼非効率④

*キャンセル時の扱い。

このファームは連絡システムが全然機能しておらず、私たちは度々適当な扱いを受けました。 例えば、朝一番にすでにファームでは雨が降っており、7時半の時点でキャンセルが決定していたにも関わらず、その連絡が、出発時間である8時半にバンのドライバーから伝えられたり。その1時間のあいだ、なぜ連絡が止まっていたのか。なぜ私たちが全て準備をし終えて集合した後にならないと知らせてもらえないのか。 それは私たちのことを、確実にどうでもいいと思っているからにすぎません。

ピークの時期には総勢150人ほどがホステルからこのレモンファームに働きに出ており、大型バスやバン2台が出ていましたが、時には、1台は出発の前にキャンセルを知らされ、1台は道中で知らされ引き返し、1台はファームに着いてから知らされるといったことも。


参考のpayslip

私たちのホステルのレントが$215であったことを考慮すると、週によっていかに希望と絶望を味わうかがうかがえると思います。

<1.普通に働いて一番なかった給料(週)>

 

<2.普通に働いて一番多かった給料(週)>実がとても大きいブロックをピックした

 

ご覧のとおり、ライチやトマトシェッドの週$800前後の時給の仕事と比較するとかなり低い稼ぎです。

貯蓄は期待できません!

ライチ・トマトシェッドの記事はこちらから。

 

レモンピッキングの仕事概要

 さて、ここまで読んでいただいた後、まだレモンピッキングに興味のある方がいらっしゃるか疑わしいですが、一応仕事内容もご紹介。

 仕事内容

  1. リングで大きさを計り、十分なレモンのみ剪定ばさみを使って茎からカットする。地面から届かないところははしごを使ってカットする
  2. 首から下げた専用布バッグに(優しく)入れる
  3. バッグが半分くらい埋まったらbinへ(優しく)移し入れる
  4. 割り当てられた木の列を終えると、取り残しがないかチェックを受ける*→次の列/ブロックへ移動。
  5. 1日の終わりや別の場所へ移動の際はbinにname cardを挿し、カバーをかけて離れる。(土地が広いのでいくつかのブロックに分けられており、一つのブロックの木をすべてピッキングし終えると次のブロックに移ります。)

▼非効率⑤

*取り残しがないかチェックを受ける。

ファームのオーナーは金の亡者です。レモンの実一つたりとも残さずピッキングし、売ってお金にしたいのです。なので、割り当てられた木のピッキングが終了すると、トラクターで見回ったり歩いてチェックし回ったりしているスーパーバイザーを呼んで、取り残しがないかチェックしてもらい、そのあとに新たな木を割り当ててもらいます。ただこれが、広い広い土地に4〜5人ほどのスーパーバイザーしかおらず、タイミングよく彼らを捕まえることができればいいのですが、時には30分経っても来る気配がなく、どこにいるのかも分からない(その間何もできないなんてことも。

▼非効率⑥

*列を移動し、新しい木の割り当てを受ける。

スーパーバイザーのチェックが終わりOKであれば次の場所へ移動し、新しい木を割り当ててもらいます。移動後もbinとはしごは同じものを使うので、運んでもらうためにフォークリフトを待つ必要があります。スーパーバイザーは無線で連絡し合い、移動待ちのワーカーがどの列のどの辺にいるかをフォークリフトのドライバーに伝えますが、これまたたくさんのチームが同じタイミングで移動待ちの場合や、移動先がけっこう遠い場合スーパーバイザーたちのランチタイムと重なった場合など、やはり30分〜1時間待たされることがあるのです。

▼非効率⑦

*そもそもその日の最初の割り当てについて。

朝のミーティング後、みんなでぞろぞろとその日ピックするブロックまで歩いて移動し、スーパーバイザーが適当に「あんたこっちの一番奥から。次の二人真ん中からスタートして奥へ。こっちの二人は真ん中から手前に。あんたたちここからスタート。」そんな感じで人数を振り分け、いくつかのチームがひとつのに入ります。(この時も、早く来た者順ではなく、我が我がと前に出た人が先に選ばれたりします。)

一つのブロックにまんべんなくピッカーが配置される訳ではないので、早く終わったピッカーが同じブロック内の新しい列に移動する仕組みの中ではこちら側とあちら側からスタートしたチームが、ぶつかった時点で終了。ブロック内のピッキングが最後の方になり、ピックできる列が少ししか残っていない時は、何チームもがたった一本や二本のために移動してピッキング。(なぜかそのブロックを早く終わらせたいようで、次のブロックに先に移動させてはくれない。)その一本や二本の木さえ振り分けられなかったチームは、ただこのブロックが終わるのを待つしかない

一つのブロックには2〜3日かける。1日に1回以上移動するなら、多めに列を振り分ければワーカーの移動もフォークリフトの仕事も減り、効率が上がるのに。と何度思ったことか。。。

 

 

ところで皆さんご存知でしたか?

レモンの木には、大きなトゲがあるということを・・・!

これがピッキングの際、顔や体、指先に刺さったり引っ掻かれたりでとても痛いのです!

またこちらのトゲ、品種改良による種なしのレモンの場合、さらに大きく鋭いトゲに成長します。

いや、品種改良するなら、トゲのないレモン作ってくれよ。。。

労働者のこと何も考えてないやん。。。 

 

それからもう一つ!

皆さんご存知でしたか?(写真でお気付きの方もいらっしゃるかも知れませんが)

レモンピッキングは、黄色いレモンではなく、まだ緑のレモンを取るということを!

これが慣れるまでは少し大変で、なぜかと言うと、葉っぱと同じ色なんです!

えっ、レモン全然ないやん!

と思っても葉っぱの下に隠れているのです。あまり多い見落としがあると、チェックの時にもう一度戻ってやり直しさせられますので、それもご注意を! 

用意される道具

剪定バサミ:snips

軍手:gloves

リング:ring

首掛けバッグ:bag

はしご:ladder

bin/cover

name cards

 

服装

・つばあり帽子・・・屋外なので必須。(木の中にいる時は影。太陽なんか気にしない帽子無しの人も半数ほど。)

・HI-VISシャツ(蛍光色の長/半袖のワークシャツ)・・・基本的に必須でしたが、暑くて脱ぎ捨てている人もいました。私は焼けたくなかったのと、トゲが刺さるのが痛かったので、長袖を愛用。

・半パン/ヨガパン・・・動きやすいもの。生足だろうがスパッツだろうが、トゲは容赦無く刺さります。長い丈は暑くてあせもができることも。。。でもトゲの痛みも軽減させたい。。。という板挟み。

・スニーカー/ワークブーツ・・・ハシゴに登ったり降りたりするので軽い方が個人的には良いかと思います。

 

特別に用意したもの

すねプロテクター(Kmart)・・・他に誰もしていませんでしたが、はしごに登って体重をかけてレモンを取るときにすねが痛く、青あざになるのが嫌でつけていました。ただ、これのせいでひどいあせもができ、3週間ほど治りませんでした。

靴下で作ったアームカバー(Kmart)・・・トゲがあるとは知らずに半袖のワークシャツを買っていたので、靴下の先に指を通す穴を切ってアームカバーにし、袖代わりにしていました。

虫除けネット付き帽子(日本のホームセンター/オンライン)・・・通常のつばあり帽子でも太陽は遮ることができますが、こちらの帽子は、顔に当たる葉も避けてくれます。 本気だけど傷だらけになりたくない人にはオススメ。

 

 

実際のタイムライン

8:30頃 ホステル出発

9:30頃 到着

10:00頃 ミーティング(一瞬)

10:00すぎ 移動してピッキング開始

(12:30-13:00 スーパーバイザーたちのランチ)

18:00 終了

18:40頃 バス出発

19:30頃 ホステル到着

 

このレモンファームはオーストラリア最大と言われていてかなり広い土地を持っていました。休憩時間もいちいち歩いて小屋に戻ることはなく、その辺に座り込んで自分で持ってきたランチを食べます。パスタやフライドライスを持ってきている人もいましたが、私はいつも作るのも簡単で食べやすいのでサンドイッチやラップを持ってきていました。

小屋は遠いですが、簡易トイレ給水タンクは所々に設置してありました。 

 

▼非効率⑧ 

*バスまでの時間。

タイムラインを見てお気付きの方もおられるかと思いますが、バスに乗って出発するまでもまた、長い待ち時間があります。バスは朝、私たちを乗せてファームに送り降ろした後、そこには残らずに市内に戻って行きます。帰りの時間もほぼ決まっているのに、なぜかその時間までに着いて待機していることはなく、むしろ私たちが毎回バスを待たなくてはなりませんでした。、雨で途中キャンセルになった時ももちろん、連絡が来てから市内を出発する訳ですから、少なくとも片道分の40分は待つことになります。大型バス1台はいつも最後まで待って出発し、何台かのバン(うちいくつかは他のホステルを経由する)はその日その日思い思いの場所に車をつけます。ワーカーたちはいち早くホステルに帰りたいので、多くの人がわれ先にと停車したバンに群がり乗り損ねた人は最後のピッカーが小屋に戻ってバスに乗り込むまでさらに待つことになるのです。

 

この辺がなんと言うか要領がとても悪く非効率で、低い賃金で働かされている上に時間も奪われるという状況に私は穏やかではいられませんでした。

 ↑ 長い長い距離をはしごをかついで移動させられている風景。その後もう仕事する気になれないくらい疲れました。 

 

良かった点・悪かった点

良かった点

・腰を曲げなくていい

・好きな時に休憩/トイレができる

・四六時中見張られることはない

・大きな会社なので給料の支払(期限に遅れない)やpayslip(pdf)の点ではしっかりしている

悪かった点

・大きなトゲがある、葉っぱと同じ色で見つけにくい

・待ち時間ばかりで非効率かつ理不尽 

・貯蓄どころかレント支払いギリギリの週も

・雨に弱い

 

まとめ:レモンピッキングってどうなの?

・レモンの木にはトゲがある!

・レモンは雨では取れないので天候に左右されやすい!

・非効率で理不尽な管理が当たり前だと心得よ!(ファームにもよると思うが)

・休憩やトイレなど自由度は高い!

・稼げる自信のない人は時給制を探すべき!

 

以上、sappiiでした!

※これらの情報は個人の経験によるもので、汎用性があるものではありません。